COLOURS FOR MY DEAR

THE PRISONERのボーカリストで、執筆活動も行っている景山 潤一郎の公式ブログです。日頃の思いを包み隠さずに吐露していくブログです。

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.05.22 Monday

昨夜は福岡からトモノリもきて嬉しかった。

0

    勿論、オリジナルのTHE EQUALSも超カッコエエんですが、あのアプローチは難しい!

    パリっとしたTHE CLASHのカヴァーがやはり印象的じゃないでしょうか。俺達もやろうかな・・・

    同郷(と言っても岡山市外)の先輩ヴォーカリスト、B'Z(ビーズ)の稲葉さんもやっています。

    昔、B'Zとか小馬鹿にする雰囲気があったけどさ、ここまでカヴァー出来るってスゲエと思うよ。

    俺、正直言うと中学1年ぐらいの頃、結構ハマってた。

     

     

     


    19:41 | - | - | - | - | - |
    2017.05.22 Monday

    俺、これするためにここまできたんじゃん。

    0

       

      レコーディング。

      ザ・プリズナー、今まで11年間でアルバム8枚。

      ミニアルバム1枚。シングル3枚。

      ナナのソロ・アルバム、スプリット等

       

       

      レコーディング200曲ぐらいやってきてるんじゃないかな

       

       

      やっぱり出てくるよね。ここら辺から。

      日々の積み重ねの差。努力の差は隠しきれなくなってくる時期。

      自分にそう言い聞かせている。

       

       

      直ぐに怠け癖が出る。

      人の揚げ足ばかりとって自分の事は棚に上げてしまう悪い癖。

      それで何も保てないのに保ってるつもりで

      おこがましくも「もっとほしい」と欲しがってばかり。

      解ってるなら変わるしかない。変われるんだ。

      楽しませる側は楽しくなくていい。当然。
      その分、面白さは無限大だ。

       

       

      今日の精一杯がガックリ肩を落とす様な結果だったとしてもさ

      その日で終わりじゃないんだったらチャンスはある。ありがたい。

      「これでいいです」じゃなく俺は「これがいいです」にしたい。

      その違いはとてつもなく大きい。

       

       

      マイクに向かう時、普通に歌えたとしてもさ

      それがベストに近いのか、もっとできるのか、イメージがあるのか

      最終的に自分との戦いになる。

      マイクが立てられた一畳にも満たないブースは時として

      真っ暗な砂漠に1人たちすくんでいる感覚になったり

      ハマり込んでまるで宇宙を1人彷徨っている感覚になる

       

      潜水艦の様な丸い窓。

      闇の深海10000メートルまで潜る事もある。

      そこからが勝負。

       

       

      早く密室の重圧から、プレッシャー、緊張から解放されたいと

      弱気のスイッチに手をかけてしまう自分が居る

      許される時間まで、いける限り立ち向かう勇気

      その為に寝ずに考えてきたフレーズ、言葉

      弱気スイッチに手をかけるその手にナイフを突き立ててやるんだ

       

       

      今まで散々、全て中途半端だった

      言い訳ばかりで逃げてきた

      人の目ばかり気にして、取り繕ってきた

      ここぐらいさ、ここは絶対に逃げちゃいけない。

       


      昨日は「聴くのも嫌」だった曲をアレンジ次第で

      今日は「早く聴きたい」にできる。

      やはりあきらめたらそこでゲームセットだ。

       

       

      いつの間にか諦めの言葉ばかり上手になってきていた。

      「身の丈にあっている」「自分の事は自分が1番知っている」「こんなもんだと思う」

      誰かの言葉に染まれば傷つかないですむ

       

       

      身の丈は誰が決めるのか?

      自分の事を自分が本当に理解できているのか?

      こんなもんだと思っているのか?

      それならそれでいいだろうけど

      俺は自分の身の丈を決めたくもないし

      自分の事なんて解らないし

      こんなもんだとも思っていない。

      冗談じゃない。

       

       

      本当にダメ人間だ。

      けど俺はね、マイクの前に立つと違うんだぜ。

      マジでこのテンション。

       


      18:52 | - | - | - | - | - |
      2017.05.22 Monday

      ボロックス最新号5/20発売!本屋にダッシュじゃい!

      0

         

        BOLLOCKS最新号発売中。

        自分、今号はザ・スタークラブの40周年インタヴュー3ページと

        連載「グレイテスト・ヒッツ」11回目の6ページを書かせていただいております。

        5/20発売だからもう発売しています!全項、読み応え抜群!よろしくお願い致します。

         

        PUNK ROCK ISSUE
        『Bollocks (No.031)』
        2017年5月20日発売!!

        <表紙/対談>
        大木温之(Theピーズ)× コザック前田(ガガガSP)
        ガガガSP
        THE STAR CLUB
        ニューロティカ
        THE CHERRY COCK$ 〜Salty Dog Cruise 2017〜 レポート
        ANGER FLARES
        叛逆者解体新書 FILE No.06 〜KAZUKI(JUNIOR)〜
        WE ARE HAPPY FAMILY 〜石鹸(グループ魂)〜
        石坂マサヨ(ロリータ18号)の『突撃!!! 隣のパンク飯!!!』11食目

        〜ONOCHING(JET BOYS/オナニーマシーン)〜
        アツシ(ニューロティカ)の『居酒屋あっちゃんロック迷鑑』

        御茶ノ水駅・3杯目 〜TAMSAN(COCKNEY COCKS)〜
        LOW IQ 01
        SHADOWS
        BOOZE & GLORY
        The Arms of PLAYERS 〜マー坊(S.M.N.)〜
        景山潤一郎(THE PRISONER)の『GREATEST HITS! Vol.11

        〜連載10回目記念!自分自身の暴動(後篇)〜』
        THE DAMNED 来日ツアーレポート
        The Birthday
        HAWAIIAN6
        DOG FIGHT 25th Anniversary
        WHO KILLED SPIKEY JACKET? 
        SHIMA
        Dizzy Sunfist
        the WILD ROVER 2017 レポート
        THE SPECIALS レポート
        ISHIYA(FORWARD)の『俺を生かす〜ハードコアアンダーワールド〜』
        ONOCHING(JET BOYS/オナニーマシーン)『クレイ爺ダイアリー』
        ゾニー(KING BROTHERS)の映画コラム『最後は爆破オチ』
        JOHNSONS MOTORCAR
        KLAXION
        THE SKIPPERS
        STINK GASPERS
        BRAHMAN
        16TONS
        JERSEY DEVIL
        ニュータウン御意見無用バンド
        Theピーズ 30周年日本武道館
        KAPPUNK IS DEAD レポート
        柳家睦の『運命なんかに負けてたまるか!』
        桂歌蔵『江戸ヴィシャス』
        夜桜極蔵の『パンクで死ね!!』
        丹波鉄心の『爆音劇場』
        KAPPUNK & DISORDERLY
        詩人三代目魚武濱田成夫詩連載

        128P ¥1,000+税

        編集:合同会社ブートストンプ
        www.bollocks-mag.com
        発行:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント
        http://www.shinko-music.co.jp/


        09:16 | - | - | - | - | - |

        ▲top