COLOURS FOR MY DEAR

THE PRISONERのボーカリストで、執筆活動も行っている景山潤一郎の公式ブログです。日頃の思いを包み隠さずに吐露していくブログです。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 兄やん、少しは見守ってくれよ(笑)!たのむで! | TOP | 憂鬱のマンデイ >>

2017.05.06 Saturday

夢の続きを見たいなら

0

    KIMG0350.JPG

    新曲を必死に作っています。
    必死ってなんだかな(笑)頑張ってるアピールみたいでダサイな俺。
    もともと才能なんてない!って自分を卑下してもしょうがねえし
    自信がある!って言う程、自信満々ってわけでもない。
    大体が何をもって何に対する自信なのか訳のわからない自信を
    前面に押しだす程、顕示欲もない。それが悪いことだとも思わないのだが。

    何するにでもメンバーありき。バンドですから。これはマジで。
    またこういう事を言うと誤解されるかもしれないけれど、俺はバンドがやりたいんです。
    俺一人の技術やセンスなんて、たかだか知れているんです。
    だからといって誰かに助けてもらおうとバンドをやっている訳でもなく
    奇跡のチームプレイっていうのが好きなんだろうね。
    「1+1=2」とういう数学の世界ではなく「1+1=10」その答えは100にも1000にもなる。
    そんなチームプレイが好きなんだろうね。
    それはエンジニアにも言えるしディレクターにも言えるのだろうけど
    先ずはバンドがしっかりその形を成していないと成立しないからね。

    養護施設に入る前は一人っ子だったからゲームで言うとゴルフとか
    ハイパーオリンピックにはまっていた。野球とかやってもつまらなかったけど
    養護施設で一人っ子根性を叩き折られてからはチームプレイの魅力にハマったよね
    だから俺、歌手になりたいって思った事ないもん。マジで。
    ボーカルになりたかったから。バンドのボーカルに。
    個人名義で作品を出す事は考えてないけど、どちらにしても1人じゃ作らない。
    作らないって言うか作れない(笑)

    今年に入って個人名で受けていたライブを断るようにしました。
    中途半端に俺みたいな奴がやっちゃ駄目!これはマジで。そう思ったんですよ。
    そういう気持を大事にしたい。大体がバンドもメンバー皆の納得いく形になってもいないのに
    個人名義でメンバーに手伝ってもらうなんて虫が良すぎるって話。
    さっさといい曲書いて、良い歌詞書いて持っていけって話。
    俺みたいなのがアコギバージョンとかいってさ、弾けもしねえのにさ、弾いてもらっててさ(笑)
    エレキギターひとつ納得いくようにならせもせんくせにさ、自身のバンドあるくせにだよ
    おだてられて舞上がって、熱唱している場合じゃねえよと・・・・
    客観的に考えてさ。俺、サムすぎるよねって結論に至ったわけでなんです。

    全然早い!早過ぎる!俺なんかがアコギなんて早過ぎる。
    先ず自分で弾ける様になれや!(笑)
    アコギでやられている人達はやっぱりソレもんですよ。堂に入っている。
    俺みたいなんが真似してもダメ!
    ごく稀に、もの好きな方から「個人名義でのライブはしないんですか?」と聞かれるのですが
    長々と説明するわけにもいかず
    今日この場所を持って、伝えさせていただきました。

    ですからバンド活動に専念致します。
    毎日の様に曲に向かい合っています。バンド。バンド然としたバンド。
    時代の流れや、流行なんて関係ない。否、少しある(笑)
    バンドらしいバンドって憧れるじゃないですか。
    俺はそんなのがいいな。この時代じゃ珍しいような。


    17:27 | - | - | - | - | - |
    2017.08.21 Monday

    スポンサーサイト

    0

      17:27 | - | - | - | - | - |

      ▲top