COLOURS FOR MY DEAR

THE PRISONERのボーカリストで、執筆活動も行っている景山潤一郎の公式ブログです。日頃の思いを包み隠さずに吐露していくブログです。

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 新しいロゴ! | TOP | 宮古ワンマン。ありがとうございました。前半 >>

2018.02.23 Friday

明日は宮古でワンマンです。俺達がんばります!

0

    新しいロゴ完成いたしました。ツノなのか耳なのかを足しました。捉え方に任せます。はい。

    こだわりの雲の様な羽も篳篥が今にも聞こえてきそうでいい感じに決まりました。

    シンボル部はパーマンのパーチャックが頭に在りました。

    FF先生の漫画の中でもパーマンは大好きな方で変身できる何かと「P」がキーワードだったので

    ドンピシャでした。普通の半ズボンだけど変身できるあの潔さと庶民な感じが大好きなんです。

     

    パーチャックをそのまんま使うのはよくありません。奇しくも好きなレーベル「イミディエイト」のフォントに

    似ていたので寄せて土台に足をたしました。

    白い角をたしました。これはドクターボンベがバッファローマンの角を使ってキン肉マンの骨の手術をした
    バッファローマンの角(ロングホーン)をイメージしています。
    そしてユニコーンの角なのか、耳なのか、赤い突起物をたしました。

    ポーランドやロシアで語り継がれる民話の中ではユニコーンはノアの箱舟に乗らなかったとされている。

    自らの力を信じるその姿が傲慢や過信に捉えられるであろうが、その潔さと意思の強さは他の獣とは一線を画す。

     

    目は手塚先生の「火の鳥」をイメージしようとしたのですが色気が強すぎてとても表現できなかったので

    くちばしの形を寄せました。色は幸せを運ぶと言われるオオバンにあやかって白にしました。

     

    目線はパーチャックの場合、飛び立つので上を向いていますが

    私達のシンボルは「足下をしっかりと見つめる」という意味を込めて足下にしました。

    色は政治的な意味合いは無いです。意識的には皮膚の下、血液はみんな同じ色をしているとの意味を込めて赤。

     

    全体的にポップな仕上がりで今までのイメージと全然違うから

    新しくなったプリズナーには丁度いいかなと思ってるんです。

     

     

     

     

     


    10:06 | - | - | - | - | - |
    2018.06.18 Monday

    スポンサーサイト

    0

      10:06 | - | - | - | - | - |

      ▲top