チラシの裏にでも書いとくぜ!

書籍化までされたこのブログ。文章力が認められ日本盤ライナーノーツでの執筆、全国誌で長期連載するようになって完全に手を抜いている感が漂っているブログ。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 夢ってわけでもねえんだよ。やりたいからやってるだけだぜ。 | TOP | 神戸に行くぜ日曜日。昼間だけど遊びに来てね〜。 >>

2018.09.08 Saturday

FOLLOWUP休刊。胸に込み上げてくる思い。

0

    ディスクユニオン発刊の音楽フリーペーパー"FOLLOWUP"が20年の歴史に一旦幕を下ろす事になったみたいだ。

    前身誌の"EXTRA"にも世話になった。西新宿オールマンのフリーペーパーとディスクユニオンのフリーペーパーは

    読んでいて物凄く楽しかった。正直、憧れだった。そう、憧れだったよ。

     

    最初に自分の文章を認めて載せてくれたのもFOLLOWUP、広中さんだった。

    「雑誌なんてどうでもいいぜ!全ての評価を否定する!」なんてスタンスだったかつての自分も

    最初にドールのライブ特集に写真が小さく載っていた時は本屋でガッツポーズしていた(笑)

     

    3枚目のアルバムを出してFOLLOWUPの表紙を初めて飾った時は

    自意識過剰であれだけ通っていたレコ屋に全然顔出さなくなっていた(笑)

    嬉しかったな。広中さんと刺しでインタヴューだった時だ。随分前の様だけど、つい昨日みたいな感覚だ。

     

    レーベルのインタヴューでも散々使わせていただきました。

    毎年恒例だった「私のベスト5」も初めて話が来た時はマジかよ!って飛び上がったもんさ。

    嬉しかった。しっかりと思いだしたいんだ。

     

    当たり前にインタヴューが掲載されて、新作を出せば表紙を飾らせてもらっていた。

    随分と力になってくれたし、私達の自信やバイタリティーにも繋がっていた。

     

    最新号を風呂につかりながらゆっくりと熟読するのが日課だった。

    途中でひっくり返して読むのにも何の抵抗も無いぐらい慣れていた。

     

    好きだった。FOLLOWUPのデザイナーの高梨さんとも一緒に作品製作が出来て楽しかった。

    いくつもの時代を作ってきたフリーペーパー。休刊すると知って寂しいのが正直なところだ。

     

    俺は大好きだったからね。

     

    FOLLOWUPの表紙を飾ってきたバンドとして恥じないように

    精進していこうと、結構マジで思いました。
    私達が物凄く頑張れば号外なんて出せる可能性もあるわけでしょ?
    また可能性、夢が増えたわけだ。
    とりあえずFOLLOWUP製作サイドの皆様
    ありがとうございました&お疲れさまでした。

     

     


    09:30 | - | - | - | - | - |
    2018.11.14 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      09:30 | - | - | - | - | - |

      ▲top