チラシの裏にでも書いとくぜ!

書籍化までされたこのブログ。文章力が認められ日本盤ライナーノーツでの執筆、全国誌で長期連載するようになって完全に手を抜いている感が漂っているブログ。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 新潟から神戸へ。坂詰ギグ、WORLD-X FES ありがとう。 | TOP | パンク雑誌ボロックス最新号本日9/22発売。6ページ連載書いています! >>

2018.09.19 Wednesday

そして神戸へ。久しぶりの神戸は暑くて熱くて。

0

    神戸は暑かった。そして暑かった。いつも演奏している108と同じ高架下のライブハウス。

    その名もスタークラブ。初めてだったけどライブハウスってイメージのライブハウス。最高だよ。

    トラブルで鍵盤の音が出なかったり、コーラスの声が出なかったり。そんな状況の中で喋ろうにもマイクはOFF

    最終的にコーラス一本無し、SEも無し、鍵盤とベースの音が途切れる中でライブ決行!

    写真は勿論IWAKAMI KOUICHI。どうよこの臨場感!ビンビンくるぜまったくよう。ありがとう!

    ライブハウスに人が入りきれず入場規制。見に来てくれた皆様ありがとう。入れんかった人また会おうぜ!

    最近、なんも気にならんようになった。遂に。どう思われるかを気にするより自分がどう思うか。

    謎がある。例えば誰もが口を揃えて「アレは駄目だよ」と言ったところで。俺は凄く良いと思う。

    誰もが「アレは間違いない!」って言うから「良い!」ってどうしても思えなかった。意地張って良わけじゃなくて

    「素晴らしい」と思えなくて自分がズレて居るんだろうなとセンスの無さを悔やんだりもした。マジで。

    自分以外の誰かになりたい人も居るだろう。どうしても天邪鬼になってしまう人も。どうしても被害妄想になる人も。

    英語だの日本語だ、何系だのどのジャンルだの知ったこっちゃんねえ。それを越えた凄味ってやっぱいいぜ。

    別にメディアや御意見番が「アレは良いぜ」って太鼓判押したところで、自分が納得いくのかどうかさ。

    解ってきたんだよ俺。自分の意味が。なんでこんな感じで。ここにでこんな感じで歩いているのか。

    なんでこのメンバーと出会って、こんなに深くまで潜るのか。

    いいんだよ、勝手にロマンチックで!勝手に絵を書いていいんだぜ!自分のキャンパスだぜ?誰に何が言える?

    ここじゃないどこかへ。冗談じゃない。そうです、それなんです、こここそが僕の生まれて育った場所。

    ザ・プリズナー、新作プラン形になりつつあります。怒涛のラッシュをみせるのか・・・・

    何かが変わりつつあるのは感じていた。物凄い速さで壊して創り上げてまた壊してを繰り返している。

    俺自身ももっと変わっていくと思う。それは着る服なのか姿か形なのか判んないけど。ほら何か気配がするんだ。

    ほら希望の香りがする。この写真。そのまま進もう。恐れる事は無い、そのまま進もう。

     

     

     

     


    20:31 | - | - | - | - | - |
    2018.11.14 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      20:31 | - | - | - | - | - |

      ▲top