チラシの裏にでも書いとくぜ!

書籍化までされたこのブログ。文章力が認められ日本盤ライナーノーツでの執筆、全国誌で長期連載するようになって完全に手を抜いている感が漂っているブログ。

<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< シャツの予約は11/1までですので後31時間とかですよ。 | TOP | そして豊橋へ。ありがとう豊橋! >>

2018.10.30 Tuesday

大阪ではお世話になりました。ハロウィンの洗礼を受けたぜ。

0

    アンガー・フレアーズ企画のVSシリーズ。私達を指名してくれてありがとうございました。楽しかった。

    今、バンドを懸命にメンバー全員で創っている最中。色んな思いが交錯している。それに輪をかけて・・・

    ついこの前、小学校からの親友で、俺の母親が死ぬときも船盗んで旅行へ連れて行ってくれたり

    先が斫りの大型のユンボをパクって大きな川の堤防を斫って決壊させたり。100万拾ったり。

    養護施設の玄関へ万引きしてきたであろう服が沢山段ボールに入れられて置かれていたり。

    一緒に16で上京してきてホームレス生活に耐えきれず、上野のポルノ映画館で帰る決意をした

    マジの親友が血液のがんだと告知されたばかりで、イライラしていた。正直。すごく沈んでいた。

    大阪に行く前の2日間はほぼほぼ一緒に居た。飯食ったり、話したり。こんなに元気なのにって。

    地元の岡山に帰って直ぐに治療開始して入院する。まあ悪運強い奴だから大丈夫なんだろうけど。

    膜が張っているような感覚のままライブがはじまった。

    メンバーや駆けつけてくれたみんなの顔を見ると生きていることを実感できた。それだけ大きなダメージだった。

    当り前にそこにあって。当り前に思っていること。明日、それが無くなるぐらいなら知り合わなかった方が良かった?

    こんなに傷つくんだったら、愛することなんて止めた方が良い?愛するから傷つくんだよね。

    けどね、俺は愛してみるぜ。やっぱり愛してみようと思うんだ。ガッツリ。愛してみるぜ。

    明日、世界が終わると知っても、花に水を上げられるように。大切な人に微笑めるような。

    そんな生き方をしていきたい。FIVE NO RISK、番長、ありがとうございました。

    そしてアンガー・フレアーズ、R.I.Pの皆様、ありがとうございました。

    皆様から頂いた刺激でシャキっとすることが出来ております。

     

    しっかし心斎橋のハロウィンはすごいね。映画の世界に居るような錯覚をおぼえたよ

    警察も沢山交通整理していた。すごい人数だったけど集団心理でダサイ真似するような雰囲気は無かったね

    みんなが楽しそうですごく良いなと思ったよ。何度かハイタッチされたけど俺の服装は素だからね!


    17:01 | - | - | - | - | - |
    2018.11.14 Wednesday

    スポンサーサイト

    0

      17:01 | - | - | - | - | - |

      ▲top