チラシの裏にでも書いとくぜ!

書籍化までされたこのブログ。文章力が認められ日本盤ライナーノーツでの執筆、全国誌で長期連載するようになって完全に手を抜いている感が漂っているブログ。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ベスト盤のあれやこれや | TOP | 明日5/11は新宿ロフトでワンマンです!是非! >>

2019.05.10 Friday

昨夜の興奮から明日の新宿ロフトへ

0

    昨夜の興奮から。下北沢から大久保へ。仲間とゆっくりとはなしができた。ほぼ音楽の話じゃなかったけど。

    特別な思い入れがある日だ。それはNANAのシャツにもあらわれていた。

    やっちんのシャツにもあらわれていた。生き方って本当に音にでるんだよね。

    タカシの髪型にもあらわれていた。弾き方って本当に憧れがでるんだね。

    オサムのプレイスタイルにもあらわれていた。それほど特別な思い入れがあった。

    平日だろうとワンマン前だろうと関係ないんだよ。俺達はこの夜に集まらなければいけなかった。

    過去にしがみついているわけでもなく。みんなが今を走っている。自分のフォームで自分の足で。

    来てくださった皆様、ありがとうございました。

    何度もくじけてきた。何度も。何度も。なんどもこじらせて、何度も驕り高ぶり、おびえてきた。

    ここに生きる人なら誰もがそうなんだろうね。それでも生き方を変えられない奴等が

    生き方をかえたくない奴等が集まったんだとおもう。不器用でどんくさくて、劣等感の塊達が。

    勝敗や数に拘るあまり壊れていったものもいた。全ての結果に無頓着で堕落していったものもいた。

    何が正しくて、何がまちがいかなんて、誰にもいえるわけがないんだよ。意味も無駄もどうでもいいぜ。

    愛される事ばっかりのぞんでよ、自分ばっかりが可愛くてさ

    何も愛してねえだろ。何も愛してねえじゃねえか俺は。マジで。クソだよ。クソ。

    奪い合い競い合い続けては、「信じる」だの「信じられない」だの

    「裏切り」だ「幸せは何?」って俺ごときがよ。俺ごときが。

    さあ、明日は今までのTHE PRISONERにケジメをつける新宿ロフトワンマンだ。

    変わり続けるんだよ。変わりたいように。昨日の夜が証明してくれたよね。

    ありがとうございました。写真は真夜中まで作業してくれたIWAKAMI KOUICHIです。

     


    11:56 | - | - | - | - | - |

    ▲top