COLOURS FOR MY DEAR

THE PRISONERのボーカリストで、執筆活動も行っている景山 潤一郎の公式ブログです。日頃の思いを包み隠さずに吐露していくブログです。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.06.15 Thursday

いってきたじぇ!

0

    今日は日本橋浜町で現場打ち合わせの帰りに
    行こうと思っていた水子のお参りに行ってきました。

    と言っても俺のじゃなくて父母の。

    最近何かの拍子で思いだしたんだよね
    俺には妹か弟が生まれる予定だった事。
    確か俺が小学校一年生の時にお母さんが入院して
    泣きながら帰ってきたのを憶えてる。
    二人の話を寝たふりして聞いてたからしっかり覚えてる
    お母さんにもお兄ちゃんらしくしなさいと言われてたし。

     

    「歯が痛くて痛み止めを飲んだ後に妊娠に気付いた・・・」
    そんな事を言っていたんだよ確か。ずっと忘れていた。
    30年以上忘れていた。俺も生きるのに必死だったからね。
    色々あったんだ、あれから俺達。知ってると思うけどさ。
    最近思いだして、気になってたんだ。

     

    現場で調べると三ノ輪に梅林時って水子のお参り出来る
    寺を見つけてすぐに向かった。バイクだと丁度帰り道だ。
    妹だったんかな・・・弟だったんかな・・・なんて考えてた
    妹だったらカワイイんだろうな〜とか考えていた。

     

    寺の水子地蔵の前で手をあわせると
    ずいぶん長い時間そこに居た。
    誰に話しかける訳でもなく、相手の姿も知らない
    性別すらも知らない俺の妹か弟に手をあわせて
    子供グッズのお供え物に埋もれそうな地蔵を見ていた
    灼熱の太陽の下だったけど、全然暑くもなく
    変な感覚だった。長い時間手をあわせて
    「またくるわ」って言ってカブにまたがってエンジンかけて
    信号待ちしてると、これ空耳なんだろうけど

     

    「おせえよ兄ちゃん!」って男の声がしたんだわマジで
    振りむけばよかったんだけど振りむかんかった


    16:57 | - | - | - | - | - |
    2017.06.14 Wednesday

    解決解決!

    0

      1497442458152.jpg

      何もやる気がせんぐらいに、なんか急にアホらしくなったんよ。何にしても決めたことやから

      自分で決めたことやから。まず聞こうかと。まず意見を入れようかと。

      例えば距離が近くて歳も近くて意地を張ってるんじゃないんだわ。これマジで。

      マジで興味が無いんだわ。本気で良いと思わないんだわ。

      それにどんな名誉やオマケが着いてこようが。付加価値や褒められたい誰かに褒められるとか

      認めてもらいたいとか、誰かに認めてもらえるとか

      そんな時間ねえんだわ。そんなつもりでもないし、長い間この辺チョロチョロしてて麻痺しただけ

      戻ったわ。そもそも知らんかったしそんなこと。っていうかお前も。その誰々さんもさ。

      もっとシンプルなんだわ。

      駆け引きゼロなんだわ。

      深さを演出するんじゃなくて、本当に深いんだわ。

      そんな感じ、ではなくて実際そうなんだわ

      思い通りの結果が出ないのは君のヴィジョンだけなんだわ

      俺はしっかり出てるんだわ。くっきり出てるんだわ。思い描いた通りなんだわ。

      もう駆け引きに付き合ってられんのんだわ。

      ええんよ。寂しい感じでも。それが俺なんだわ。

      ええんよ。一見1人に見えてもワシの後ろには奥千万の言葉と感情が居るんだわ

      溢れ出てくるメロディが背中を押すんだわ

      時代や流れに首をかしげる事は無いんだわ。こっちが主導権なんだわ。

      正直、それすらどうでもいいんだわ。

      簡単にこの思考まで辿りついたわけでもないんだわ

      なんて言われようが解りっこないんだわ

      さっきまで、なんにも手に付かず、締め切り目前で全部ゼロだった世界が

      言葉で溢れているんだわ

      目の前のゼロがあっと言う間に俺の言葉の世界で形成されてるんだわ

      まるで魔法使いなんだわ

      追いつく事に必死だった世界があっというまに彩りまで、配置まで考えてるんだわ

      機嫌で、表情で、駆け引きで物事に取り組んだらずっとそうなるんだわ

      さっきまでゼロだった世界が

      溢れてるんだわ

      執着もなにもなくなったから、どこでも世界は作れるんだわ

      戦ってないとか戦ってるとかもどうでもいいんだわ

      夜だから根っこを伸ばすだけなんだわ


      21:41 | - | - | - | - | - |
      2017.06.07 Wednesday

      サボテンの花

      0

         

        このサボテンはね、10年ぐらい前に赤羽の100均で購入したの。

        お花とかを鑑賞する趣味はないけれど、急に赤羽の所長を任されて

        不安だったのかな(笑)ずっと冷蔵庫の上で面倒見ていた。

         

        全部知ってる。
        このサボテンは事故にあったあの日の事も

        風呂場で転んで死にかけた日の事も全部

        泣いた事も

        笑った事も

        全部知ってるの。


        赤羽の事務所を閉めて

        家に持って帰っていたサボテン

        何度も死んだ・・・と思ったら脱皮みたいに昔のボディーを脱ぎ去って

        復活した。

        綺麗な花を咲かせました。

        そろそろ私も咲かせましょうか。
        サボテンには実は名前をつけています

        ここでは言えません。恥ずかしいしキャラが崩壊してしまいます(笑)

        確かにあった赤羽時代を
        あの日々を
        このサボテンは共に過ごしてきた。

        綺麗な紅い花だね。

        ほんとにかわいいね。

        かわいいね。


        10:04 | - | - | - | - | - |

        ▲top