COLOURS FOR MY DEAR

THE PRISONERのボーカリストで、執筆活動も行っている景山潤一郎の公式ブログです。日頃の思いを包み隠さずに吐露していくブログです。

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.08.17 Thursday

噂の4SKINS-シングルボックスセット- マジかよって思って調べたわ

0

     

    タイトルにオ・リ・ジ・ナ・ル!シングルス・ボックス・セットってある。

    遂に在庫発見されたのか!けど限定500セットって・・・そんなにデッドストックあったんかい!

     

    なんて思っていた・・・

    「PLASTIC GANGSTER」はコマーシャル用だけだったはずなのに

    「SEEMS TO ME」はまぁ500枚眠っていたとしても・・・・計算合わない(笑)

     

     

    ちょっとなにこれ!全然オリジナルじゃねえじゃねえかよ!

    雑すぎるよ。仕事が雑!あああ。まぁ俺が言える事じゃねえんだけどさ。

    カラー盤って・・・いや、俺が言える事じゃねえんだけどさ

    幻の7インチ「PLASTIC GANGSTER」と「SEEMS TO ME」抱き合わせて

    そのフロント・スリーヴかい!(泣)

    愛がねえよな。愛が。だから俺は最近のスキンヘッド関連無理なんだろうな。

    10:24 | - | - | - | - | - |
    2017.08.15 Tuesday

    8/20日曜日はクラブチッタ川崎11:30集合だ!

    0

       

       

      次の日曜日8月20日(日) は川崎クラブチッタ!
      NEVER MIND THE BOLLOCKS 2017」
      〜PUNK ROCK ISSUE Bollocks 5th Anniversary〜
      簡単に言えば音楽雑誌ボロックスの5周年記念メモリアル企画!

      2年以上6ページの連載、諸々インタヴューやレヴューなどを
      書かせていただいている紙媒体。俺の好きな雑誌。
      自分の文章が掲載されている雑誌だ、好きに決まってるよね。
      俺の文章を正当に評価してくれてありがとう。
      俺にしか書けない事があると信じてくれてありがとう。
      精進していこうと思えるわ。5周年心からおめでとう。

      誰かの言う「薄い」とか「濃い」とかどうでもええんよ。
      そういうのは全て俺が決める。俺が決めるから。
      ハードでマニアックな物が凄く、価値があって
      屈強な感じで知る人ぞ知る的な物が偉くて、優れてる訳じゃない。

      創刊号から深く携わっている雑誌の5年記念ギグだ。
      トップバッターは俺たちじゃないと務まる訳ねえよね。
      出演陣の中で一番の若手!若手?バシッとブチあげる所存。
      12時開演だ。最初っからドッガンいこうぜ。

      しかし「トップバッターなんだかわいそう〜」とか
      「え!トップ?うわ〜最悪じゃん」とか言う人が居るけれどさ
      出順で損得考えるようになったら完全ロートルか三下だよ(笑)
      黙ってずっと底に居ろ。目もあわせてやんねえから。
      「おいしい順番」とかばっかり考えるようなバンドにだけは
      死んでもなりたくねえな(笑)
      あとさ「後半じゃないと出れない」「19時以降じゃないと・・・」
      解るよ、解る。けどさ日曜だぜ。オファーを受けた瞬間、

      その日はその企画に体1日あずける覚悟で受けてる訳じゃんね。
      良く解んねえけど、俺達は値打ちこいてる場合じゃねえし
      そこ見てねえし。なにかそこから奪おうとも全く思わんし。

       


      歴史の目撃者になりてえ奴は11時半にはフロアに集合だ。
      オンタイム12時きっかりに始めるから、11時半集合だ。よろしく。

       


      あとなんだ最近は大きな夢を見たり掲げたりすると
      揶揄されたり敬遠されたりする風潮なのか?
      また誰かの受け売りなのかな?まるで独裁者と変わらないじゃん
      「このやり方が正解」「俺の考えが正しい」そんなのばっかり
      「良い事言う合戦」かさながら「うなずかせるとんち合戦」
      誰にも迷惑かけていない夢のサイズぐらいさ
      子供達に自由に描かせてやりたい。

      なんで誰かの顔色うかがってさ(しかも他人の)

      夢のサイズで「正しい」だ「間違い」だ言われて気にしなきゃいけねえんだろうね
      本当にかわいそうに思う。気にしちゃって縮こまっちゃってさ
      挙句、勝手な物差しで「そんな言葉で落ち込むなら君の夢は本物じゃない!」

      とか平気で言うんだぜ。あぶねえよマジで。
      「みんなゴミだった」の頃はそんな事絶対に言わなかったじゃん。

      抱いた夢が恥ずかしいものと思わせてどうしたいんだろうね
      掲げた夢が自分のサイズじゃないなんて誰に言えるんだろうね
      手前が歳相応に夢をリサイズして気持に折り合いをつけていったからって、

      皆がリサイズする訳じゃねえんだ。「それじゃなきゃ駄目」な奴もいれば

      「これじゃなきゃダメ」って奴も居る。

      誰もが「食っていければいい」「金なら何でもいい」って訳じゃねえんだよ。

      そういうのが嫌だったんじゃねえの?嫌いだったんじゃねえの?
      神様にでもなったつもりかよ。気ばっかり大きくなりやがってよ。
      ミイラ取りがミイラになってんじゃねえか。
      そんな事を感じる雨の午後、ブツブツ言っても仕方がねえから

      やるべき事をやって自分の理想に向けて精進するだけですわ。


      15:39 | - | - | - | - | - |
      2017.08.08 Tuesday

      no title

      0
        なんとも思わない
        やりたいからやるだけ

        よく忙しいんでしょとからかわれる

        もうどこにいってもからかわれる

        それはおとなしくしてるからでも

        背が大きくてものめずらしいからでもなく

        どこにいっても煙たがられ

        どこにいってもアホみたいなこといわれて

        ここは君の場所じゃないといわれる

        むかしから

        やっぱりここもそう

        いいように金をもってこいといわれれば

        はい。

        なんでもうん、うん聞いとるわ

        べつにどうでもええもん

        そんな自分好きとかきらいとかないし

        君の勝敗の基準の百万光年さきまできてしもうたんやわ

        俗な臭いがした瞬間、それまでやわ

        01:22 | - | - | - | - | - |

        ▲top