チラシの裏にでも書いとくぜ!

書籍化までされたこのブログ。文章力が認められ日本盤ライナーノーツでの執筆、全国誌で長期連載するようになって完全に手を抜いている感が漂っているブログ。

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.07.09 Monday

7月7日(土)のザ・ライダーズ客演から現在に至るまで

0

    お疲れさまです。今日も暑かったですね。

    しかし土曜日のザ・ライダーズ、新宿ロフトワンマン最高でしたね。

     

    会場の雰囲気が素晴らしく良い。

    これはバンドの雰囲気が良いからでしょうね。

     

    楽屋にてゲスト陣のトークも面白かった。

    俺みたいな最年少の青二才に対して真面目に会話してくれるだけでありがたかったです。

     

    自分は客演を頼まれる事がある。結構ある。嬉しい事だ。

    (客演っていうのは簡単に言えばゲスト出演って事)

    一番最初の客演はCRACKSのライブでフレンジーの「I SEE RED」歌った時だわ。

    いきなりクラブチッタだったな。あれも凄く楽しい経験だった。

     

    今回は自分が10代の頃に、聴きまくっていた曲。憧れていたバンドとの共演。

     

    17歳の頃、丁稚奉公で住み込んでいた墓石屋。3畳を囲む土壁に

    ドールの切り抜きを貼りまくっていた。ライダーズの写真はいつも見える高さに在った。

    当時、バンドの存在は知っていたけど曲は知らなかった。

     

    雑草を歌わせてもらった。

    東京に来て音源を知り。何度も何度も聴いて、何度も何度も励ましてくれたあの曲。

    あの頃の自分。丁稚奉公で3畳の部屋に寝そべって、畳を意味も無く掻きむしっていたあの頃の自分に。

    バカ面下げてエジソンでCD選んでいた自分に

    旧ロフトの駐車場でポツンと座っていた自分に

     

    こっそりと教えてやりたい。

    夢は叶うんだよって。

     

    俺には夢がある。そしてその夢とは関係ない所にまた違う夢がある。

    その違う夢と言うのは憧れていた人達に認められるっていうこと。

    同じ板の上で共演できる事。それは完全にもう一つの違う夢なんだけど、夢なんだよ。

     

    この歳になるとね。意地やプライドも強くなる(笑)

    下手に重ねてきちゃってるからさ、退くに退けねえっていうのかな

    だけどさ、そのくせ憧れが薄まってる様な気がするんだよ

    駄目だぜそれじゃあ。

     

    近づいたのは物理的な距離だけの話。

    何か勘違いしてんじゃねえんか?

    近づけるわけがねえんだよ

     

    一ミリも差は縮まらないし

    あの頃、憧れた背中は小さくなる事がねえんだよ

    もし憧れていた背中を近くで見た時に、小さく感じたり

    何度も見てるからって見慣れた感じで軽んじてしまっているようじゃ・・・BOY

     

    アンタは三下か、コバンザメみたいに誰かについていくしか脳がねえ調子ノリのドサンピンだ。

    なんにもわかっちゃいねえ。

     

    まあ土曜日の新宿ロフトは物凄い熱量だった。

    ライブハウスって感じだった。これだよ。これ。

    ライダーズの皆様、スタッフの皆様、新宿ロフトの皆様、最高の夜の仲間に入れてくれてありがとう。

     

    けどな、一番最高だったのは

    マジで親友じゃと思うとる男と

    本気の会話が出来た事。

     

    ワシに本気で疑問をぶつけてくれる

    じゃからワシも本気で、本音で答えられる。

    バンドの事で抱えてんのもバレバレだったけど

     

    本気でホンマの話が出来て良かった。

     

    それとトール君の体調がすこぶる良さそうでマジで良かった!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    19:14 | - | - | - | - | - |
    2018.07.03 Tuesday

    THE RYDERS(ザ・ライダーズ)7/7(土)新宿ロフトでワンマンにて客演で出演します。

    0

      ザ・ライダーズの7/7(土)新宿ロフトでのワンマン公演

      下記のリンクをクリックするとザ・ライダーズの公式ホームページに飛びますので

      詳細が気になるかたは是非。

      http://www.the-ryders.com/main/live2008.html#0707

       

      錚々たる面々のゲスト陣。俺、一番若造だわ。

      この繋がりはザ・ライダーズが真摯に活動を続けてきたからだろうね。

       

      俺は日本のパンクバンドを物凄く聴いてきた。偏っているんだけどね。

      ザ・ライダーズは十代の頃やっていたバンドのメンバーの家で知った。

       

      アナーキーツアーのVHSで頭を思いっきりけっとばされた直後の

      リアルタイムの当時の新作「反逆分子」で勝負ありだったわな。

       

      不良さが在った。より身近な感じがした。ブッ飛んでいて優しかった。

      みんなが好きだと言う「LET'S GET TOGETHER」この映像はもう何度見たか解らん!最高。

       

      泣くな!友よ・・・俺が泣く。この曲はテーマだよ。俺、バイクで結構歌うぜこの曲。朝でも晩でも。

      この映像の潔さよ。真っ直ぐな瞳よ。凄い瞬間の連続すぎて膜が張ってるよね、色々飛んでるよね。

       

      When I'm looking for the way
      すべてのことは ただ
      音も立てず 眠る
      When I'm looking for the way
      数知れぬ道が今
      誘いの手を伸ばす

      RIGHT or WRONG?
      答えを探し出せ
      RIGHT or WRONG?
      構えてるだけじゃだめさ 
      OH YEAH!

      Whe I take a look around
      俺のまわりには
      誰もいないことに気づく
      Whe I take a look around
      違う場所にいるのは
      自分だけと気づく

      RIGHT or WRONG?
      迷いがおそいかかる
      RIGHT or WRONG?
      脅える気持ちに
      ケリをつけろ 
      OH YEAH!

      BRING IT OUT
      BRING IT OUT
      BRING OUT MYSELF
      悔む事はないはずさ
      YEAH! YEAH! YEAH!
      BRING OUT MYSELF!
      NOBODY CARE ABOUT ME
      IT'S MY OWN PROBLEMS

      BRING IT OUT
      BRING IT OUT
      BRING OUT MYSELF
      何かが見えてくるはずさ
      YEAH! YEAH! YEAH!
      BRING OUT MYSELF!

       

       

      そして自分が客演で歌うのはこの曲。スゲエ好き。今回のオファーはマジで嬉しかったね。

      自分の事を讃えてくれる曲なんてなかったんだよ。雑草ってさ・・・スゲエ表現だよ。

      歌詞も書いときますんで、予習してくるんだぜ!この曲で盛り上がらないなんて絶対ないんだからな。

       

      どんなに踏みつぶされようが
      何とか生き延びる事は出来るぜ


      目ざわり扱いされようが
      今更 気にしちゃいられねえ

      PRICE OF BIRTH この場所にも 意味があるはずさ

      酸性の雨が降りつける
      汚れた大地に根を張り続けろ


      外道にゃ 外道なりの
      知恵がある事を忘れちゃいけねえ

      PRICE OF BIRTH ビニールハウスの花じゃねえのさ

      WE'RE 雑草
      TOUGH 'N' WILD

       

      仲間達は息絶えはじめる
      弱肉強食の掟の中で
      ある者は刈り取られちまい
      ある者は自ら破滅へと

       

      PRICE OF BIRTH
      与えられた わずかな生き様さ

       

      WE'RE ZASSO
      TOUGH 'N' WILD


      18:50 | - | - | - | - | - |
      2018.06.29 Friday

      Yatching(ヤッチン)が正式にTHE PRISONERのドラマーとして加入しました。

      0

         

        やっと正式に発表する事が出来ました。Yatching(ヤッチン)がドラマーとして

        THE PRISONERのメンバーになりました。

         

        色々、皆様にはご迷惑、御心配をおかけいたしました。

        5/12(土)名古屋ワンマン公演での前ドラマー脱退劇から一ヶ月半・・・・・

        何カ所かキャンセルしてしまった公演・・・・決まりかかってる話も流れた・・・

        ダメージがないと言えば嘘になる。

        だからって誰が悪いって話でもない。こうなるべくしてなっただけの話。

         

        新曲も作れなければライブも出来ない環境は

        俺に最短で普通免許を取得させた(笑)&調子に乗って衛生管理責任者まで取得した。

         

        長い戦いだった(笑)メンバーみんな不安もあっただろうけど

        なんか物凄い楽しんでいた様に感じたよ。楽しんでいた?それは違うね。

         

        なんでもかんでも「楽しんで」はちがうからね。そう言えばいいみたいなノリでしょ。違うから。

        面白がってたと言えば的を射てるのではないか・・・

         

        面白がっていたよ。

        前メンバーの脱退劇に関して心ない言葉を平気で刺してくるのも予想付いていたし

        だからって別にそれを恨んでもないし。アイツはそうだろうよってなもんだし。

        個人的には沈黙を貫いたと思う。だって別に喋る事もねえもん(笑)

         

        いろんなドラマーと演奏できたのは大きな収穫だった。

        自分達に何が必要で何が不必要なのか物凄く見えた期間。

        メンバーの充実度は目を見張るもんがあった。

         

        そんな中、オサム(ギター)がマスタリングを担当していたバンドに在籍していたヤッチンが

        手伝いに来てくれた。たったの二曲をあわしたんだけど。印象が深かったんだよね。

         

        言葉が重かった。気軽に何でもポンポン口に出してくるタイプではない

        ポンポン出してきて痛い目をみて戒めてきた感じとでもいおうか。存在に説得力があったんだ。

         

        オサムはプレイ、技術面でヤッチンに惚れ込んでいた。思い描いている楽曲には

        あのビートが必要なんだよ!と。

         

        ツアーまわったら一発だったね。もう。まだまだ慣れない部分に戸惑わせてしまうかもだけど

        ハッキリ言ってもう新しいバンドだと思ってる。マジで。

        メンバーも生まれ変わった感じなんだ。新曲もお花みたいに咲く感じで閃いてきている。

        抑圧されてきた何かが良い方向に爆発しそうなんだ。

         

        全ては必然。さあ8月の完全復活までに大きく進化を遂げるぞ!

         

        クラブチッタのパンクリヴスで復活!

        宮古〜大船戸はオールディックと雷矢の3バンド!

         

        そこから高円寺ハイでストラマーズ、ジュニアと3バンド!

        から聖地、豊橋での復活後初のワンマン!

         

        体作るぜ!&新曲作るぜ!

         

         


        19:27 | - | - | - | - | - |

        ▲top